医薬部外品の美白美容液

  • 研究が進む医薬部外品の美白有効成分

    • 日本のスキンケア市場を機能的にみると、保湿や美白、抗老化、敏感肌、毛穴とニキビ対応に大別されます。

      その中でも美白は市場の約3割を占めていて、過去30年間で最も研究が進み、急成長した分野のため、さまざまな高機能コスメが誕生しているのです。



      この分野の医薬部外品すなわち薬用美白化粧品の有効成分は15種類以上開発され、チロシナーゼ活性阻害効果やメラニン生成抑制効果に優れた植物エキス等も研究開発されています。



      また、最近ではアンチエイジングを訴求した美白の研究や新しい方法を用いた機序の研究もおこなわれているのです。



      日本の医薬部外品に配合される美白有効成分は、あくまでもしみやそばかすを防ぐという目的で配合され、その作用としては色素細胞のメラニン生成を抑えるものや表皮を増殖してメラニンを排出するものなどがあります。
      例えば、アルブチンやルシノールは前者の代表格であり、アデノシンリン酸ニナトリウムは後者に該当する有効成分です。一方、医薬品にはビタミンCやトラネキサム酸の内服により、しみやそばかすや肝斑を薄くすることが可能であり、医薬部外品にはない効能が認められています。



      医薬部外品に配合されている有効成分のうち新しいものはトラネキサム酸セチルエステル塩酸塩があり、表皮下層においてトラネキサム酸に変化して作用するものです。



      この成分は、メラノサイト活性化因子の産生抑制、とくにプロスタグランジンE2の産生抑制によりメラニン生成を抑制するものとされています。



  • 関連リンク

    • 日本のスキンケア市場を機能的にみると、保湿や美白、抗老化、敏感肌、毛穴とニキビ対応に大別されます。その中でも美白は市場の約3割を占めていて、過去30年間で最も研究が進み、急成長した分野のため、さまざまな高機能コスメが誕生しているのです。...

    • いま、美白ということを考えてスキンケアをされている方が増えています。代表的な方法としては、基礎化粧品に美白成分の入っているものを使うということがあります。...